おもちゃだいすき&アナトールカフェ

鎌倉の気の合う仲間たちが集まって、コンシャスな暮らし方に向けての活動を始めました。とりあえずブログなんぞ立ち上げてみたりして。そこにも同じような内容を投稿してますが、こちらにも書きます。
——————-
anatole01.jpganatole02.jpg
由比ケ浜通り沿いにある、自然派のおもちゃを扱うお店。しかも素敵なカフェも併設されているのが、「おもちゃだいすき&アナトールカフェ」。目印は店の前に駐車してある、これまたおもちゃみたいな小さな車。店長の山川おじさんはこれに乗って、毎日通勤されているんだとか!
anatole03.jpg anatole04.jpg
店内に所狭しと並べられたおもちゃの数々。どれも子ども騙しではない長く使えるおもちゃで、木などの自然派素材のものが多い。スイスのネフ社クボロ社のものなど、決して価格的にはお安くないけれど、子どもの豊かな発育を促してくれる玩具ばかり。オーガニックコットンの玩具もあるので、子どもを安心して遊ばせられるのが嬉しい。
anatole06.jpg anatole05.jpg
店長の山川さんもおもちゃのデザインをされていた方。店のコンセプトは「0歳〜100歳までの子どものためのおもちゃ」。100歳になっても子どもっていう考え方が素敵です。山川さんの大らかで楽しいお人柄で店内はあたたかな雰囲気で、うちの娘も集中して遊ばせてもらっています。一つ一つのおもちゃについて丁寧に解説して下さるのも有り難い。
anatole07.jpg anatole08.jpg
店長おすすめは、こちらのおもちゃ。チェコの作家、ミロスラフ・トレイトナルの作品たち。表情や形がユニークだし、どれも目が覚めるようなカラフルな色合い。
anatole09.jpg
こちらはシュトックマー社の蜜ろうクレヨン。世界で類を見ない安全性と発色のよさに配慮された画材。クレヨンの高い透明度と美しい発色は、色そのものの美しさが体験でき、何色もの重ね塗りから微妙な深みのある中間色を作り出すことができるんですって。欲しい!
anatole10.jpg
カフェのカレーやそば粉のガレットも美味しいです。お茶や山川さんとのおしゃべりを楽しみながら、子どもとゆっくり時間を過ごし、子どもの月齢にあったおもちゃと出会うのに最適な、いつも訪ねるとワクワクする、そんなお店です。

>お店のサイト:おもちゃだいすきとアナトールカフェ