Naomi Klein "Making a Killing"

naomi01.jpg11月24日のことなんですが、世界の貧困と戦う”War on Want”というNGOなどが主催した、Naomi Klein(ナオミ・クレイン)の講演会に行ってきました。ナオミはカナダ・トロント生まれのフリーランスのジャーナリスト。グローバライゼーションを批判したウェブサイト、nologoを立ち上げたことで世界的に有名になり、アンチ・グローバイゼーションで知られる若手代表格です。ロンドンの新聞、Guardianなどに精力的に記事を書いていることでも良く知られています。(そしてその美しい風貌からも大人気!)ロンドンの中心地の会場には、老若男女800人ほどの観客が集まり、真剣な表情で彼女のスピーチに耳を傾けました。

naomi02.jpg「ブッシュが選挙に勝ってしまった…..でも希望を持って行こう!ってみんな言うけれど…..なかなか難しいわよね。ブッシュは選挙に勝っただけじゃないの。彼は「何をしても罰せられない」っていうルールを勝ち取ってしまったの。例えば、司法長官にアルベルト・ゴンザレスが任命されたけど、彼は、旧アブグレイブ刑務所で行なわれた「拷問メモ」を書いた張本人。人権保護を定めたジュネーブ条約は適用されないんだ、って言ってるような人が、国の最高司令官になってしまったわけ。アメリカは、ブッシュは、そういう体制を作ってるの。私たちはそれに対抗していく戦略を立てなくちゃいけないのよ!」という力強い出だしの言葉。

marlboro.jpg「アメリカで今すごく話題になってるのが、マルボロを加えて”勇ましく戦っている”ファルージャのJames Blake Millerという海軍兵の写真。どの新聞や雑誌も強いアメリカ、かっこいいアメリカってうたってアイコンのようにこの写真を採用したのよ。そしたら、イラクにいるJames宛にすごい数のマルボロの箱やファンレターが届いたり、いやいやたばこは健康に悪いから吸うべきじゃない、とか言った議論が始まる始末。大手メディアでは、倫理観が全くない。問題なのは、アメリカがこの戦争を見る見方と、世界が見る見方にとても距離があるっていうこと。」

イラクに専従したジャーナリストならではの発言も。「私は今年2月、3月にイラクにいたけれど、イラクで起こっていることは、悲惨。民主主義を信じている人たちがアメリカ兵に殺されている。non violentのストライキを行なった人たちが殺されている。学校を奪われたからといってデモをした子供たちや母親が殺されている。イラクでは、ポール・ブレマーが200社を民営化すると言っているけれど、エコノミストでは、イラクは、”capitalist dream”、つまりアメリカで出来なかったことを全部成し遂げられる資本家の夢の場所だって言ってるわね。イラクの解体は、共産主義でソビエトが崩壊した時以上のショック」

ナオミは印象としては、お洒落なフツーの女の子(34歳ですが)という感じ。それがかえって親近感をもたらすんでしょうか。

「NYの共和党コンベンションに行ってたんだけど、そこで気づいた事。みんなプラカード掲げてブッシュは駄目だ、嘘つきだって言って、なかなか前に進もうとしない。自分たちが犠牲者だって言って、それどまりなのよ。今の状況をちゃんと見なくちゃいけない。ブッシュが勝っちゃったのは、「あいつがいけない」っていうだけで、肝心な議論がされなかったから。戦争が駄目だなんてみんな分かっていること。これから肝心なのは、Anti-warムーブメントをどうやって、意味のあるProdemocracyムーブメントにうつしていくかっていうこと。」

確かに私の周りでも、ブッシュ批判をする人は多いけれど、じゃぁ新しい民主主義をどうやって作って行ったらいいのか、立ちはだかる旧体制に対してどんな別の道筋を見せてあげたらいいのか、特に政治の分野でははっきりとしたビジョンを持っている人が少ないと思う。ナオミは更にこんなことも。「Anti-War movementの失敗は、それが経済、Anti-globalizationとか、Capitalism Movementと結びつけられなかった事。その関連性をきちっと見る事が大事。」

一時間半ほどの講演は、彼女のイラクでの記者生活の細かいディテールに入り込みすぎた節はあり、じゃぁどうやって新しい民主主義やメディアの立て直しをするのか、という点で彼女なりのビジョンが見えなかったという不満は、私だけが感じたことではなかったようでした。ただナオミが最後に言っていた、「”Fighting Against” ではなく、”Fighting For” と考えなくちゃいけない」(例えば、「ブッシュを倒すのが目的ではなく、世界平和が目的なんだ」)というメッセージはみなが受け取ったような気がしました。

ブランドなんか、いらない?搾取で巨大化する大企業の非情
ナオミ クライン Naomi Klein 松島 聖子

おすすめ平均 
現代企業はブランド化で生き残る?
是非和訳して欲しい一冊
未来ははたして..

Amazonで詳しく見るby G-Tools