子どものために手作りする時間

♪屋根よりたかーい こいのーぼーりー
tedukuri01.JPG
この歌、この2週間ほどで何回歌った事か…1歳5ヶ月になろうとしている娘、てらは大の歌好き。ご近所さんの家の鯉のぼりや、家にあるミニチュア鯉のぼりを指差しては、歌え歌えとせがんできます。そして保育園で「鯉のぼりを作って来て下さい」と言われたので、ママさん頑張って作ってみましたよ。伊豆のたまちゃんにもらった手編みのマフラー(?)と優雅の端切れを使って、なんちゃって手作りなだけなんですが、今まであんまりこういうことやらなかった私としては誇らしげなんで自慢させて下さいー。(笑  それにしてもこの間、「順子チャンって、モノ作り系でしょ?」って鎌倉・麻心のしんじさんに言われて笑えた。断然アウトドア派なのに、そういう風に思っている人もいるのね〜。不思議。ちなみにこの鯉のぼりは毎年、手形が押されて、園内にヒラヒラ飾られるそうです。


こちらは羊毛で作った虹色の小鳥ちゃん。アースデーの時に自然育児友の会のワークショップで作り方を教えて頂きました。言わずと知れたシュタイナーの、「形をはっきり定義せず、子どもの想像力を存分に発揮させるおもちゃ」なんだそうです。


てらも気に入ってくれたようで、楽しげに遊んでいます。最近は、口や目などの言葉が分かって来たので、体の部分を指差しては喜んでいます。おもちゃを親が手作りできるなんて素敵。子どものために手作りする時間って、なんてあたたかくてグリーンでピースなんでしょう!

今日は親ばかエントリーですんません。