京都議定書発効へ

今日から京都議定書が発効されます。小泉内閣メールマガジンより、小泉首相のコメントを抜粋します。

小泉純一郎です。

 昨日16日、地球温暖化を防ぐための京都議定書が発効しました。8年前
にこの議定書が採択された京都の国際会議場には、議定書作成に努力した世
界各国の関係者や一般市民が集まり、記念行事が行われました。私も、官邸
からテレビ会議で参加しました。

 地球温暖化の原因と考えられるのが、私たちのふだんの生活からも発生す
る二酸化炭素などの温室効果ガスです。このまま温室効果ガスの排出を続け
れば、地球規模で、そして将来の世代にわたって、さまざまな影響が生じま
す。

 日本は、議定書の採択以来、一日も早く発効するように、各国に参加を働
きかけてきました。地球温暖化防止のために世界が協力していく枠組みがよ
うやく発効したことを心から歓迎します。

 日本は、世界の先頭に立って地球温暖化対策を進めていきます。日本には
太陽光発電や燃料電池、低公害車など優れた環境技術があります。こうした
技術を各国へ普及し、地球規模での温暖化対策に貢献していきたいと思いま
す。

 米国など温室効果ガスを多量に排出している国でいまだに京都議定書を批
准していない国がありますし、中国やインドなどの国には温室効果ガスの排
出削減目標を達成する義務がかかっていません。今後は、より多くの国が共
通の仕組みのもとで温暖化防止のために協力していけるように、努力してま
いります。

 日本は、温室効果ガスの排出を、2008年から2012年の5年間の平
均で、1990年レベルから6%削減する義務があります。2002年は、
逆に8%増えましたから、合計で約14%削減しなければなりません。

 日本の削減目標の達成は決して簡単ではありませんが、政府の公用車を3
年間ですべて低公害車に切り替えたように、これからも政府が率先して対策
をとるとともに、国民一人ひとりの行動を支援して、温暖化防止に向けた行
動の輪を広げていきたいと思います。

 京都議定書の発効は、地球温暖化防止に向けた大きな一歩です。かけがえ
のない地球を子や孫の世代に、より美しく保全していくために、世界のみな
さんとともに協力していきましょう。