虹色家族の畑で、よもぎ餅作り


先週日曜日は「春風」に遊びに行き、ほれぼれするほどの満開の桜と友達との会話を楽しみ、今年も野外シーズンの訪れを感じています。

水曜日はパラパラ雨の中、藤沢・川名の谷戸の畑へ!ここは鎌倉のりえ・あゆ・こんちゃんなどの子育て仲間が集まって結成した育児グループ、「虹色家族」が借りている畑。そこで「よもぎ餅作ろう〜」のお誘いに出かけてきました。

国道から数分山に入ったところには、藤沢とは思えない里山の景色が広がっています。

着いてすぐに見せれたのが、これ!カブトムシの幼虫です。ふかふかの土の中にウジャウジャいます。最初はびっくりしたけれど、手のひらにのせると、プニョプニョでふんわりあたたかくて、小さな息づかいが感じられるんです。


子供もワクワク、大人もワクワク!(写真はあゆちゃん。虹、いや二児のママの超しっかりもの!)虹色家族は、「子どもたちと親と一緒に、実際に体験してやってみること」こうやって子どもたちに、四季折々、一年を通して自然の中で五感をフルに使って遊ぶ機会を与えてあげること。それこそが親の役割であり、責任であると思う。子供たちから自然を奪ってはいけないよ。自然こそが、彼らの育つ場所だから。


よもぎをもいで、


薪で火をたいてお湯を沸かしてゆでて、つぶして団子に。美味しい!


ご飯もかまでたいておにぎりにすると格別。


子どもたちの笑顔!


焼き芋も最高〜。すっかり御馳走になって帰って来てしまいました。虹色家族は、これから土作りをして、畑をしていくそう。 実はここに道路が作られる計画もあるそうですが、こんな豊かな場所。虹色家族の畑に、たくさんの命が生まれますように☆☆☆ また遊びに行きますね〜!