ふれあいタイム第二回「ゴミについて考え、生ゴミ処理機を作ろう!」

第一回目に続いて、ふれあいタイム(鎌倉市立第一中学校で行なわれている、地域のおもしろ大人と触れ合おうという課外授業)の第二回目を実施しました。テーマは「ゴミについて考え、生ゴミ処理機を作ろう!」生徒さん10名が我が家にやってきて、有意義な午後を過ごしました。

まず宇治先生(!)の「ゴミとは何か」のお話から。我が家の畳の部屋は、さながら寺子屋のよう。

「昔は、ゴミなんてなかったんんだ。でも今はほら、こんなに色んな種類のゴミがある。ペットボトルでしょ、それに缶に瓶にプラスチック…. このまま行くと、前回君たちが遊びにいった広町だって埋め立てられてしまって、大好きな虫達もいなくなってしまうかもしれないんだ。そのためにはゴミを出さないのが一番、大事!リサイクルすればいいっていうわけじゃないんだよ。」

「使い捨て商品を減らす、すぐ買わないで修理したり交換したりする、量り売りをしているような店を選ぶ。そういう店は、人との触れ合いもあるし、楽しいよ。ゴミが減ると、燃やすためのCO2が減る。自然破壊が減る。町がきれいになる。税金も使わなくなる。いいことづくめなんだよ!ゴミっていうのは、護美って書くんだ。ゴミによって美しくなるかならないかが、決まる。」

「そして全体の20%を占めるのが生ゴミ。なんと葉山だけでも一日30トンの生ゴミが出ているんだ!これを燃やすのに必要な重油は1700リットル….というわけで、大事なのは、生ゴミを減らすこと!生ゴミって言ったって、ちょっと前までは食べ物だった。ゴミじゃなくて、もと食べ物って言えばいいんだね。」


と言ったところで庭に出て、「庭に穴を掘って生ゴミを埋める」という我が家の至ってシンプルな生ゴミ処理方法を披露しました。「これで土や水の中にいる微生物がゴミを分解してくれるから、1週間も経つとゴミがなくなるんだよ。生ゴミをゴミの日に出さなくて良いから、臭くないし快適よ!」と言いながら掘った穴の中に生ゴミを入れてみる。ちょっと前までは当たり前だったこと。でも始めて体験する学生も多くて、へーなるほどーと言った表情です。

そしていよいよ、今日の授業のハイライト!「生ゴミ処理機を作ろう!」先生は、くりおくん。この日作ったのは、葉山町の松本さんが開発して広めている「魔法のコンポスト」とも言える、「キエーロ」。ランニングコストもかからず、ただ土の中に生ゴミを入れるだけ。気をつけるのは日当りと風抜けが良いところに置くだけ、という超優れもの。鎌倉、逗子、葉山ではすでに助成が始まっていて、たった1200円で設置が出来るんです。しかもベランダにも置ける!

キットを買うのも手軽でGOODなのですが、今回は「手軽な方法を先に教えてしまうと、あぁ買えばいいんだってなっちゃうから、まずは身の回りにあるものから作ってみよう」と言う事で、廃材からみんなで工作しました。木の長さを測り、ノコギリで自分たちで切り….

寸法を合わせて少しずつ形を作って行き…(60cm×30cmの板が2枚、90cm×30cmが1枚、90cm×40cmが1枚)

フタも廃材から切り取って….

木枠を取り付け…

電動ドリルでビスを打つという作業を、くりお君やスタッフの助けをかりながら、黙々とこなします。電動ドリルを初めて使ったという生徒も多く、集中力もクライマックス!自分たちで工夫して作れば、こんなに楽しい。そして思ったよりも簡単!1時間ほど作業して、晴れて完成です!

そして(宇治さんが前もって持って来てくれたキエーロを使って)使い方の実演。「土は生きてるんだよ。ほら、あったかいでしょう?」「ほんとだぁ〜!」「こうやって穴を掘って、生ゴミを入れて上に土をかぶせる。それだけなんだよ」

終わった後の感想を聞くと、「生ゴミは宝だと思いました」と言う生徒もいて、伝わってるなぁとなんだかジーンと来ました。どういう風に伝えようか、みんなで練って来て本当に良かった。そして「これから生ゴミ処理を家でやろうと思った人!」と言う問いに、間髪入れずに、全員がさっと元気よく手を挙げました!もうこれで、今回の授業、大成功!と思いましたよ。この日、みんなで制作したキエーロは、学生さんの家に設置しました。みなさま本当にお疲れさまでした&楽しかったね!

鎌倉ではゴミゼロ実現に向けて、すごく良い風が吹いています!生ゴミ処理。本当に簡単で現実的で誰でもすぐ出来ます。すぐやった方が良いです。この授業のように、自分たちでも手軽に作れます。キットを買う事も出来、鎌倉では90%助成してくれます。「逗子の文化をつなぎ広め深める会」の田中さんへ連絡し(090-6114-1748) 購入後、鎌倉市役所の資源循環課に領収書を持って行けば、1200円で購入できるんです。松尾市長は「生ゴミを燃やすのは、時代遅れ」と言って、65億円の税金をかけて山崎に建設を予定していた生ゴミ焼却炉建設の見直しを検討しているんです。市長自ら、最近、キエーロを買いましたし、葉山が始めているゴミゼロにもとても興味を持っています。かまわでも生ゴミ処理機の普及をさらにこれから強化していこうという話になっています。

そしてすごく良いタイミングで、グリーンTVが「生ゴミを減らそう!〜ゼロウェイスト運動とキエーロ」のビデオを制作してくれました!!!!必見です!くるくる、キエーロなど、ゴミゼロにつながるムーヴメント、さらに盛り上げて行きましょう〜!

さて次のふれあいタイム第三回は、「手作り石けんを作ろう」by かなえちゃん。7月10日に開催します!