EARTH FREQでDANCE, DANCE, DANCE!!!

旅のチャプター2は、EARTH FREQという野外音楽パーティーへ。

木曜から日曜にかけて行ってきました。
ブリスベン近くのキャラバン・パークにステイして、
一度は食べよう!とオージービーフ・レストランにも立ち寄ったり
(オーストラリアはアメリカにつぐ肥満国。でっぷり肥えている
人たちが、分厚いステーキに食い付く光景は、かなり病的でした…)
プールにも入ったりしながら

東海岸から内陸へ2時間ほど。
牛の群れを率いるカウボーイや、
湖に水を飲みにやってくる馬の群れに遭遇したけれど、

それ以外はどこまでも続く丘陵と草原を眺めながら
山道を永遠と進み……. やっと到着!

会場内はきれいにデコレーションされ
隅々にまできちんとエネルギーが注がれています。



「ここにいると、自然と一緒になるね」とテラ。まさに!
私たちのお家も、今日からは森の中にはったテントとハンモック。


EARTH FREQは、数年前から始まった野外パーティーで、
みんな最高に開放されて躍ったり遊んだりしているわけですが、
客層もよく、落ち着いたファミリー・バイブが広まり、
今では参加者2000人ほどに発展。
メルボルンから飛行機で来る人もいるほど。

まずは大地に感謝するオープニング・セレモニーとして
地元に住むアボリジニーの人たちの儀式から始まりました。

みなさん遊びの達人で、服装も過ごし方もマインドも
とにかく自由!!!フレンドリーで居心地抜群。
No worries! これぞオージー・スタイル。

Kids Spaceもちゃんとあって、粘度したり工作したり。
テラも世界中の子ども達と遊んでました。

今回、なんといっても大注目はこちら!
メインステージのデコレーション。R領域。Dami and Friends!

今やオーストラリアのRainbow SerpentMaitreyaなど
大きな野外トランス系パーティーのデコレーションは、
日本人のダミ君たちが手がけています。

空き缶、ペットボトル、自転車の車輪、ハンガーなどなど
なんでもかんでも廃棄されてしまうはずのものと
現地で調達できる竹、花、植木、さぼてんなどあらゆる自然素材を組み合わせ
最高にかっこいいオブジェの完成!




この後は、タスマニアのフリー・パーティーにも行くんだとか。
日本人のクリエイション、素晴らしい!
DAMIくんは、千葉県いすみ市にも土地を買ったらしく、
今後の日本での活動もまた楽しみです。
最高に居心地のよいスペースを作ってくれて、BIG RESPECT & THANKS.

音的には、期待していたほどオーストラリアのクレイジーさは
なかったのだけれど、良質なトランスでみんな爽やかに躍ってました。
グローバル・ファミリーという感じのあたたかいバイブ。

とにかく場所が広いから、車はテントに横付けできるし
ヨガ、地球学、ヒーリングに関するトークやワークショップがあったり
小規模ながら色々と充実していて、申し分のないパーティーだったなぁ。
私もイエローくんも久しぶりに我を忘れて踊り狂い、
気づいたら顔が真っ黒に日焼けしていました…..

天気もずっと快適で、暑くなったら池に飛び込み、最高に気持ちよかった!

海外フェスは、ポルトガルのBOOMや、ドイツのFUSIONなど行ったけれど、
自然と音楽とダンスを楽しむ21世紀型のカウンターかルチャーは
オーストラリアでも変わらず健在だなぁと、妙に関心。
2012年11月には、ケアンズで皆既日食が見られるということで
オーストラリアのブッシュ・パーティーシーン、
これからまだまだ盛り上がって行きそうです!