広島原爆記念日&原発やめろデモ!!!!!

8月6日、66年前、広島に原爆が投下された日。
戦争での核、原子力発電所での核。
両方の脅威を経験した国が、軍事利用といえども、電気のためといえども、
核と人間は絶対に共存し合えないことを言わないで、誰がいうんだ。
今年は日本人がそれをもう一度、確認する大切な年。

午前8時15分、父と母と静かに黙祷した。

午後は、東電前・銀座 原発やめろデモ!!!!!に参加してきた。

思い思いの表現でプラカードを作成、思い思いのシュプレヒコール。
思い思いの音だし。思い思いの踊り。


警察と衝突するちょっと心が痛いシーンもあったし
表現方法に怒りがこもっていて、相容れないなぁとも思ったけど
いろんな表現があっていい。思いは一つ。
東京電力の大きなそびえ立つビルの前でも、シュプレヒコール。






ちょっと疲れて帰って来たのだけど、
宮古島に引っ越したてんきちゃんが送ってくれた、
大好きなこの曲の歌詞に癒された。

これからも平和をイメージして、夢をイメージして
仲間と助け合いながら、より自由に、より強く、
より美しく、この命を全うします。

ーいつも何度でもー

呼んでいる 胸の どこか奥で 
いつも心躍る 夢をみたい
かなしみは数えきれないけれど 
その向こうできっと あなたにあえる

くり返す過ちの そのたびに人は 
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく道は続いてみえるけど 
この両手は 光りを抱ける

さよならの時の 静な胸 
ゼロになるからだが 耳をすませる
生きている不思議 死んでいく不思議  
花も風も街も みんなおなじ

呼んでいる 胸のどこか奥で 
いつも何度でも 夢を描こう
悲しみの数を言いつくすより 
同じくちびるで そっとうたおう

過ぎていく思い出の その中にいつも 
忘れたくない ささやきをきく
こなごなに砕かれた鏡の上にも  
新しい景色が映される

はじまりの朝の 静な窓 
ゼロになるからだ みたされてゆけ

波の彼方には もうさがさない 
輝くものは いつもここに
わたしの中に みつけられたから