フード・マイレージを考えよう

フード・マイレージ(food millage)とは「食料の輸送量に運搬距離を掛け合わせた数値」で、食品が消費者に届くまでにどれだけの輸送エネルギーが使われているかを示す指標です。1994年にイギリスの消費者運動家、Tim Langさんが提唱し、その後じわじわと各国に広まっていきました。この数値が大きいほど、食のぜいたくのために地球環境に大きな負荷をかけたことになります。

農林水産省の試算によると、日本のフード・マイレージは2001年時点で9千億トン・キロメートルで世界最大。島国なので輸送距離がかさむという事情はあるものの米国と比べても3倍。現代の日本人は歴史上のどの時代、どの国の王侯貴族よりもぜいたくな食事をしていて、外食産業ではカロリーベースでは食料の4分の1が残飯となっているんだそうです。

また日本のフード・マイレージの約7割は穀物と大豆。輸入品を国内で輸送する手段は、トラックが大半で、船や鉄道と比べて二酸化炭素の排出が約9倍にもなるそうです。

フード・マイレージを見直し、できるだけ地元でとれたものを地元で食す、という考え方や行動が「地産地消(ちさんちしょう)」。近くで生産されたもののほうが環境に付加をかけないだけでなく、フレッシュで美味しいですよね。確かに大量生産された農産物よりも値段はちょっと高い場合もあるかもしれない。でも地元の農家の活性化にもつながるし、何より良識ある消費者として責任のある消費が出来る。

みなさんも自分の健康のため、地球の健康のために、地元のおいしい野菜や畜産物をもっと食べましょうー!

参考サイト: