政府と環境省

環境省に席をおかせて頂いて3日たちましたが、実は自分が日本の政治システムについてあまり良く理解していないという事に気づいてしまい(お恥ずかしい〜)、「あー社会科の授業でやったなぁ〜」とか思い出しながら、調べてみました。しかしこういう機会にちゃんと言葉の定義なんかを調べておくことはいいことですねー。簡単ですけど、まとめです。間違っていたら、指摘して下さいなー。

まず「政治=Politics」とは、国家の統治に関する活動のこと。「政府=government」は、統治機関の総称ですが、狭義には「行政府」のことをさします。

日本の国家の体制は、立憲君主制 (=Constitutioal Monarchy) 「君主」とは、ある国家において終身の支配者となる人物のことで、日本の場合は、天皇!立憲君主制は、絶対君主制と違い、君主が権力を持っていないとは言え、日本はオフィシャルには「天皇を君主にする国家の体制」というのはちょっと意外。立憲君主制の国は日本以外にも、イギリス、オランダ、スウェーデン、タイ、マレーシアなど35カ国。なお、君主制の反対は共和制でアメリカなど。

また議会制民主主義(=Representative Democrary)とか、議員内閣制(=Parliamentary System)という言い方もある。この辺のことはこちらのブログが分かりやすくまとめてくれています。

さて日本の政治システムは、「国家の権力を集中させない」という考え方から、「三権分立」がとられ、以下の三つに機能が分かれている。

  • 「立法」…選挙で選ばれた議員によって政治に関する議論や決定が行われる場所。国政では特に「国会」と言い、地方自治体では「議会」と呼ぶ。日本ではDiet, イギリスではParliament, アメリカではCongress、フランスではNational Assemblyと呼び方が異なる。
  • 「司法」…裁判所。
  • 「行政」…属に政府(=government)と呼ばれ、行政機関を通じて行政活動を実施する。

で、この「行政機関」ですが、2001年に省庁再編が行われ、現在は以下の一府12省庁(そのうち省は10個)で構成されています。

  • 内閣府
  • 防衛庁
  • 国家公安委員会
  • 総務省(=Ministry of Internal Affairs and Communications)
  • 法務省(=Ministry of Justice)
  • 外務省(=Ministry of Foreign Affairs)
  • 財務省(=Ministry of Finance)
  • 文部科学省(=Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)
  • 厚生労働省(=Ministry of Health, Labour and Welfare)
  • 農林水産省(=Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries)
  • 経済産業省(=Ministry of Economy, Trade and industry)
  • 国土交通省(=Ministry of Land, Infrastructure and Transport)
  • 環境省(=Ministry of the Environment)

環境省の職員はおよそ1100人。以下の局があります。

  • 大臣官房(=Minister’s Secretariat)….環境行政の円滑な推進のためのマネジメント、評価など。廃棄物・リサイクル対策部(=Waste Management and Recycling Department)も併設。
  • 総合環境政策局(=Environmental Policy Bureau)…自分が配属された部署なので、詳しく以下に書きました。化学物質の環境への影響を未然防止することにつとめる「環境保険部」(=Environmental Health Department)も併設されています。
  • 地球環境局(=Global Environment Bureau)…地球温暖化の防止に関する取り組みなど。
  • 環境管理局 (=Environmental Management Bureau)…工場、自動車などから排出される物質による大気汚染などの対策。水環境部(=Water Environment Department)も併設。
  • 自然環境局(=Nature Conservation Bureau)…国立公園の管理など。

そして総合環境政策局の中には、以下の四つの課があります。

  • 総務課 (= Policy and Coordination Division)…総務一般。
  • 環境計画課(= Environmental Strategy Division)…机が離れているのでまだ良く分かりませんが、「環境白書」なんかを作っているのかな?
  • 環境経済課 (= Environment and Economy Division)…私が在籍しているところ。環境税の検討、環境会計、グリーン購入などを手がけています。となりに環境教育推進室があって、こちらも面白そう。
  • 環境影響評価課 (= Environmental Impact Assessment Division)…道路や発電所などを行う際の環境アセスメントの推進。

ふー、今日はここまで。これからも環境経済課の取り組みについて、いろいろとレポートできればいいな、と思っています。皆さんも「政府や環境省のなんで?ここが知りたい!」あったら、代わりに現場取材?!してお答えしますので、質問送って下さいねー。