スリランカ2(食事情)

旅の醍醐味は、なんといってもその国のカラフルな食文化。 スリランかもご多分に漏れず、独自の素材や料理があり たっぷりと堪能しました。

市場はどこの国でも、いつでも活気があり 歩き回っているだけで楽しいものです。

庶民の食べ物の代表格は、Rice & Curry. 野菜カレーなど、ベジタリアン食も充実しているのが嬉しい。 何種類か違った味のカレーが出て来て、インドと同じように手で食べます。

こちらはKottu(コトゥ)と呼ばれる、 Roti(ロティ)や野菜を混ぜて作った炒め物料理。 鉄板の上でたたきながら焼くので、音がめちゃくちゃうるさい!

これはカード(チーズの原料)。ヨーグルトのようなもの。 出来立てフレッシュ!粘度のポットに入っているのが良いです。

道端で売ってるコーンも、薪で茹でているのがいいですね。

さすが南国。フルーツも超充実。 ココナッツはタイと違って、黄色がかっています。 味は少し落ちますが、栄養たっぷりの滋養ドリンク。毎朝、飲んでました。

いたる所にあるフルーツ屋さん。

チョコレートの原料、カカオ。 種を乾かすと黒くなってきて、これをつぶせば、カカオの出来上がり。 世界一大きいフルーツの、ジャックフルーツ。 タイにもあるけど、美味しい!

ある日の朝ご飯。 ケーキ類や揚げ物も充実。 ウッドアップル、ポムカネルなど食べたことのない物もたくさんあったけど 一番はまったのは、サワーソップ!(写真で二つに割れているヤツ) トロットしていて、シェークにするとなお美味しいらしい。

全体的に油ものが多くて、かなりヘビーだったのが残念。 しかもたっぷりチリが入っていて、辛い! 新鮮な生野菜のサラダが食べたい!と何度も思いました。 でもスパイスを多分に効かせたアーユルヴェディックの食事のせいか スリランカ人はスリムで健康的な体系の人が多いのも印象的。 お茶の国だと思っていたら、普段はみんな紅茶、飲まないんですね。

満足度は70%、と言った所かな? (一緒に旅した友人は、35%と言ってますが、、、)