いよいよ明日、PEACE RING

banner-peacering2005.gif 明日は8月8日。一部では「無限の日」とも言われているようですが、地球市民村では、「ピース・リング(PEACE RING)」という、3000人の来場者で手をつないで大きな輪を作り、平和を願うという壮大なイベントを企画しています。

PEACE RINGの発端は、7月7日、地球市民村の七夕祭で来場者が短冊に「平和の願い」を書いていた時、ロンドンでのテロのニュースが起きた事でした。「世界中の人たちが集まっている愛・地球博で、何かせずにはいられない」というスタッフの熱意がかない、万博協会からも許可がおりたというわけです。しかし開催まで2週間という超ドタバタスケジュール! ボランティア・スタッフ300名の手配、警備、各パビリオンの参加要請、ポスターやチラシの作成など、東京からの応援スタッフもぞくぞくと駆けつけ、てんやわんやの準備作業。

なんだか学園祭のりで楽しいのですが、持続可能性の大学院コースの「企業インターン」として地球市民村にやってきたのに、イベント企画/制作/運営スタッフのような事をしていて、いいのかしら?と思ったりするのも確か。しかも5分間ほどのモーメントに多額の予算を使うのって、どうなのかしら?とも思うのです。でも平和を願う気持ちは誰でも一緒。とにかく明日、成功させて、少しでも来場者の心に残るモーメントが演出でき、平和に向かって万博に来ている人たちがつながり合えれば嬉しいです。よーし、明日はまた暑い暑い一日だろうけど、頑張るぞー!

というわけで、愛・地球博のグローバル・ループ上に、午後7時、みんな集まれぇ! 平和が無限に続くように、国籍や宗教や文化の隔たりなく、みんなで願いを一つにしましょう。