カリブ海を南下して、パナマのボカス・デル・トロへ

観光ビザしかない私たちは、コスタリカから3ヶ月に一度、外国に出国しなくちゃいけない。しかも72時間は戻れないので、じゃぁ隣国パナマのBocas del Toro(ボカス・デル・トロ)ってよく聞く場所が国境近くにあるから、2泊ぐらいしてくるか、ぐらいのモチベーションが低い感じで、行って来た。ボカス・デル・トロ。

コスタリカ国境を渡る。この祖末で有名な橋を渡って、パナマへ、、、。コスタリカのイミグレでちょっとしたトラブルがあり、気分はあんまり冴えず、ちぇ、なんで国境とかパスポートとかあるんだよー、ぐらいのローテンションでパナマ入国。しかしパナマっていう国に来るとは思ってなかったなぁ〜。かなり未知の国。

近くの港から船にのって、ボカス・デル・トロへ。ボカス・デル・トロは、7つの島の集まりで、向かうは一番大きい拠点となっている島、Isla Colon。

Isla Colonの港近くのダウンタウンはあまり冴えず、土産物屋とスーパーマーケットとゲストハウスが乱立してる感じ。値段はコスタリカより安め。コロニアル調のカラフルな建物が可愛いけど、ゴミもたくさんで、綺麗とはいえない感じ。でもローカルな人たちはサーフボードもって、ローラーコースターのって、スケボーで走り回って、ピースな感じ。

Casa Maxというホテルは良かった。一泊$50。でも目の前のバーで調子のいい音楽が夜中かかってて、うるさい!DJ頑張ってたけど!

ここに来たら島巡りはマストだよ、という友人のアドバイスをうけていたので、翌日、ツアーに参加。一人$25。

カリブ海がまぶしい!

ドルフィンもたくさん泳いでます。

魚もたくさん!

これぞカリブ海という感じのターコイズ・ブルー。

国立公園にも指定されていて、マングローブ林がどこまでも広がっています。うわぁー、カリブ海をクルーズしてるなんて、信じられない。後で知ったのだけど、ボカス・デル・トロは、パナマのカリブ海2大リゾートとも言われているらしい。ここを目指してわざわざアメリカからやってくるツーリストも多い。パナマは、今、アメリカ人のリタイア先一位だそうですよ。ドルが使える、治安もまずまず、人も温厚、自然が豊か、気候は温暖、物価も安い、外国人でも土地が買える、ビザの問題もわりとゆるい、そして太陽をたくさん浴びて、果物が美味しい〜。今回は観光地しか行けなかったけど、パナマ、なかなか良さそうです。

久しぶりに家族でのんびり旅行。

BARRACUDAというイタリアン・レストラン。超おすすめ!本格イタリアンを頂きました。

さてのんびりパナマ滞在して、翌日、コスタリカに戻ったわけですが、なんと国境で3ヶ月滞在ではなく1ヶ月滞在のスタンプしかもらえず、がっくり肩を落として帰って来たのでした。あぁービザ問題はなかなかどの国でも面倒なわけです。ま、でもまた小旅行に出る言い訳が出来たから、良しとしなくっちゃな。外国に住んでるといちいち大変なことも多いけど、頑張るぞぅぅ〜。