北イタリアのスピリチャル・コミューン

ジュネーブでの勉強を終えて、日本に帰国するまでに、せっかくヨーロッパにいるのだからと、ちょっと寄り道。まずは、北イタリアのダマヌールというスピリチャル・コミューンに行ってきました。風邪をひいていたので、写真も映像もなし。本当は取材で行ったのに…. 外出もあまり出来なくて残念でしたが、それなりに面白かったです。

なんと740人の人が一緒に生活してるんですよ。自然再生エネルギーを使ったり、基本的に自給自足に近い生活をしたりしています。もう30年以上の活動らしいです。地球上を流れるエネルギーの線、シンクロニシティラインが2本交差すると言われる場所の地下70メートルの所には壮大な寺院が築かれていたり、独自の通貨があったり、言語もあったり、とかなり本格的。みんなとっても優しくて、いい感じの人達です。

ダマヌールでは、プラーナ・ヒーリングとか、アストラル・トラベリングとかのコースを実施していて、私たちが行っていた時にも、15人ぐらいが2週間のコースを受講しに来ていました。エコ・ビレッジをどう作るか?みたいな講義もあるのかと思いきや、かなりスピリチャルティー色が強かったです。

世界には本当に色々なサステイナブル・ムーブメントがあるなぁと実感。教育という意味では、イギリスのシューマッハ・カレッジや、インドのヴァンダナ・シヴァがやってる学校なんかも、また独自のテイストで面白そう。大学院コース終わったばっかりだけど、また機会があったら、こういう所で是非勉強してみたい!

教えてくれた、パーマカルチャーセンタージャパン設楽さん、ありがとうございました!今回は、もう一つのTorriのエコ・ビレッジまでは足を運ばなかったのだけれど、新しいコミュニティーの創造にとても興味があるので、これからも旅しながらチェックしたいと思っています。さて、帰ったら、まずは登戸のコミュニティー作りかな?