チャンギ空港の無線LAN

DSC00487.JPG DSC00490.JPG
DSC00488.JPG DSC00495.JPG

成田からおよそ6時間のフライトで到着したシンガポールのチャンギ空港。ほとんど寝ていたので、あっという間につきました。ここからスイスのチューリッヒに飛んで私たちのヨーロッパの旅が始まる訳ですが、それまで待つこと6時間。。。さてどうやって時間を潰そう?

しかし広々としたチャンギ空港の施設の充実ぶりといったら驚きです。トランジットのお客さんが多いと見えて、待ち時間が長くても飽きさせない工夫がいっぱい。各種お店やレストランはもちろんのこと、マッサージ屋、くつろげる庭園、プール、サウナ、ジムまであります。無料の市内観光ツアーも用意されています。

なかでも他の空港より断然進んでいると思ったのが、インターネット接続環境です。自分のラップトップに無線LANが入っていて、ローミングサービスを行なっているプロバイダーと契約していれば、すぐに接続できるようになっています。私たちも早速PowerBookを広げて、契約しているDionのID,Passwdを入力し、こうやってブログを更新できるというわけです。(so-netやAOLだと無料でつなげますが、他のプロバイダーの場合は1分10-30円かかってしまいます)

成田空港でも同じようなサービスが始まったようですが、トランジットのお客さんが多いせいか、シンガポールではコンピュータを広げて仕事をしている人を多く見かけました。他にも空港内にはFree Internet と書かれたブースが点在し、 みなさん、旅先からのメール送受信に余念がないようでした。