賢いショッパーのための一冊

11月26日の「無買デー」のニュースが世界中から入ってきて、興奮さめやらぬ私。ハンガリーでNGOを運営する友達からは、「TVやラジオの取材が立て続けに入って、今までにない脚光を浴びたわよ!」と嬉しい悲鳴が届きました。昨日会った、めぐみちゃんあだなおさんとも、その話で盛り上がりました。よしよし、無駄なショッピングなんて、世界中からなくなっちゃえー!

「なんで買い物が環境問題に影響するの?」の知られざるお話を丁寧に面白く教えてくれる本を紹介します。まずイギリスで買った、”The Rough Guides to Ethical Shopping.” 日本語で訳すと、「賢いショッピングのためのガイドブック」。何が問題になっているか、どんな商品を買ったらいいかなど、詳しくコンパクトに書いてある一冊。(もちろん英語です)

The Rough Guide to Ethical Shopping (Rough Guides Reference Titles)
1843532654 Duncan Clark

Rough Guides 2004-11-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

それから言わずとしれた、「地球白書」の2004-2005版。アメリカの老舗のNGOワールドウオッチ研究所が毎年出版しているシリーズのうちの一冊。テーマは、もろ「消費」で、かなり読みごたえがあります。

地球白書〈2004‐05〉?ワールドウォッチ研究所
4259546511 クリストファー フレイヴィン Christopher Flavin

おすすめ平均
stars徐々に地球の状況が悪化してないだろうか

Amazonで詳しく見る by G-Tools

同じくワールドウォッチから「どれだけ消費すれば満足なのか」というドキッとするタイトルの本。消費をエコロジーの観点から問い直し、真の充足を得る脱消費型ライフスタイルを探る本。まだ読んでません〜。

どれだけ消費すれば満足なのか?消費社会と地球の未来
4478870543 アラン ダーニング Alan Durning 山藤 泰

Amazonで詳しく見る by G-Tools

そして「地球買いモノ白書」は、「どこからどこへ研究会」というところが出版した日本発の本。アマゾンでのレビューも好評価です。

地球買いモノ白書
4906640664 どこからどこへ研究会

コモンズ 2003-08
売り上げランキング : 25,346

おすすめ平均 star
star戦争、森林破壊、児童労働に加担する消費者
star
star単なる興味では終われない本

Amazonで詳しく見る by G-Tools