人権チャリティ・ライブやります

1203concert.jpg当日告知になってしまいましたが、今日、六本木でチャリティ・ライブをやります!60年代〜80年代のプロテスト・ソングをThe Beautiful Losersが歌い、それにピーター・バラカンさんが解説をつけ、私が司会をする、というイベントです。このイベント、世界的なネットワークを持つアムネスティー・インターナショナル・日本が、「人権問題に少しでも興味を持ってくれたら」と、12月10日の世界人権デーを祝って企画したものです。

人権問題って言うと、難しい〜、日本ではあんまり関係ないのでは〜と思う人もいるかもしれません。でも人権問題って、結局は「人を別け隔てなく平等に扱うこと。 誰にでもやさしく思いやりをもって接すること」だと思います。

世界には、アフガンでの女性差別、スーダンでの市民への大弾圧、ビルマでの強制労働、各地でのジャーナリストや環境活動家などの拷問や秘密の拘束など…. そして日本でも児童虐待、難民差別など、いろいろな人権問題があります。

そういう現状、そして私たち一人一人が「変えていこう!」という気持ちを持って行動する大切さを、音楽を通して皆さんと一緒にシェアできるようなイベントになれば嬉しいです。今日午後6時から、六本木のSuper Deluxeです。詳細はこちらまで!かなりアツい、面白いイベントだと思うので、来てね!