企画「みんなで作るメディア」

最近、「フィルム配信サイト」の企画をしています。

クリエイティブ、メッセージ、パッションのあるフィルム。最長8分。サステナビリティー、社会正義、ファンタジー、アートなどオール・ジャンル。スタイルもドキュメンタリー、ドラマ、ミュージック・ビデオ、ポエティック、なんでも。そんな世界中から集まったフィルムがいろいろ見れるサイトがあったらいいと思わない?

映像クリエイターの皆さん、自分の表現したいことが、今よりずっと多くの人たちに見てもらえて、しかも作品がTVで放送されたり、報酬があったりしたら、いいと思わない?

面白いフィルムを作っているクリエイターは増えてきているのに、日本ではそれを発表できる場やチャネルがまだ限られている。企業ではSONYのWorld Event Village、NGOではOur Planet – TVなんかが頑張っているけれど、敷居の高さがあったり、まだ盛り上がりや既存のメディアに対する影響力は小さいと言わざるを得えません。(まだ全然リサーチ中です。他に知っている所があったら、どなたか教えて下さいっ!)

この企画の背景には、やっぱり既存のTVを変えたいという思いもある。私が話す人たちは口を揃えて、TVは面白くないし、日本人の民度を下げていると言う。ニュースもセンセーショナルでネガティブなものが多く、世界で起こっている重要な、そしてもっとポジティブな動きなんて全く分からない。ネット上で面白いフィルムを募集して、集った人たちで審査し、獲得点が多かったフィルムは民放でも放送されるような流れも作っていきたい。

この分野で、アメリカはとても進んでいる(ので、最近はアメリカのサイトをチェックしてることが多い)。影響を受けているサイトは:

Media that Matters …. サステナビリティー、社会正義、市民参加にまつわる映像祭。今年で5回目。毎回10数個のフイルムが審査員によって選ばれるが、どれもウェブから見れる短編で素晴らしい内容。作品を見て問題意識を持った人が、どうアクションに結びつけたらいいかのリンクも充実。受賞者には賞金が出るほか、受賞作はDVDとして販売され、活動家が地域で上映会を開いたり、先生が教材として利用できる工夫が満載。こういうフィルム・フェスティバルを日本でも開催したい。ちなみに今年のサブミッションは1月23日締め切り。私も去年ロンドンで撮影して、SONYが編集してくれた気候変動マーチ(Climate Change March in London)のドキュメントを出してみる予定。

Currrent TV ….. 最近立ち上がったばかりのフィルム・コミュニティーサイト。テーマはなんでも募集してるけど、長さは8分以内とウェブを意識していて、特に若い人たちの生活感やあまり取り上げられない声を対象にした作品を募集。ターゲットは18-34歳。面白いのは、ビューアが各フィルムに点数を付け、得点が多かったものは民放でも放映される、という仕組み。分かりやすいインターフェース・デザインがグッド。Google Currentというグーグルの最新動向を映像で伝えるコーナーもある。これを立ち上げたのは、なんと大統領選挙でブッシュに僅差で負けたアル・ゴア。「今、一番影響力のあるTVというメディアを変えるんだ」とかなり本気な意気込みで、学ぶ事多し。

Media Rights … 多分、アメリカ国内の最大の、社会派フィルムのデータベース。Media Rights と Media that Mattersの映像祭は、両方ともNYの、Arts Engineという会社のプロジェクト。

You Tube …. 究極のビデオ・コミュニティー・サイト。どんなビデオでもアップロードでき、ほとんどがパーソナル・ビデオの域。制限は一ビデオ100MBまで、アップできるビデオの数は無制限。しっかりとしたコミュニティー機能あり。

いろんな懸案事項もある。

1/日本で展開して果たして、クリエイティブな作品が集まるのか?というのが、最大の疑問。(スポンサーをつけて賞金を出すのもいい)
2/投稿してもらうフィルムは、社会問題に限るべきか、それとも間口を広げるべきか?
3/運営体制は?丹羽+仲間かNGO設立か?(NGOだと活動の幅が広げられそう:フィルム配信、テロップ翻訳業務、オリジナルフィルム制作、フィルム・フェスティバルの開催、映画やその他の映像作品の紹介、他のメディアへの展開)

これだけブロードバンドが普及してきて、そろそろ日本もネット上でニュース映像やドキュメンタリーを見るのが一般化してくると思う。私自身、海外ものがほとんどだけど、とてもインスパイアリングな映像をネット上で見る事が多くなって、感謝している。exciteやMSNなどの大手サイトでも最近、映像配信が始まっている。googleもVideo Google を始めて、オンラインで映像販売を始めた。

クリエイティブなデジタル・フィルム・クリエイターの層を広げ育てるとともに、制作されたフィルムの流通チャネルをオンライン、オフラインで提供するという、この企画。ちょっとあたためてみたいと思います。皆さんのネット映像体験も教えて下さいねー。みなさんにも声かけますので、一緒に作って行きましょう!