エコレンジャー@渚音楽祭


>> 大きな写真で見るにはこちら (集まった写真は100枚以上!)
>> まとめて一ページで見るにはこちら (抜粋した写真のみ)

先週の日曜日、お台場で行なわれた渚音楽祭「エコレンジャー」という企画をやりました。来場者一人一人に「もっと地球に優しく暮らすために出来る取り組みを教えて下さい」とお願いし、答えをホワイトボードに書いてもらう、という参加型のこの企画。より豊かで持続可能な社会を作って行くために出来ることを、みんなで協力しながらもっともっと実行に移していこう。そのためにちょっと立ち止まって自分の生活を見直し出来る事を考えてもらう、というアイデアです。

バリのデザイナー、HIKARIが作ってくれたエコレンジャー専用タスキ(写真なくて残念!)をつけたエコレンジャー隊が、朝から晩まで大勢の人に話しかけて、自分が出来る取り組みを書いてもらいました。既に行動を起こしている人、環境問題は重要と分かっちゃいるけど自分では何もしていない人、考えてから書きますと言ってどこかに消えてしまう人などなど。当たり前だけれど色々な人がいて、社会の縮図を見ているようでした。やってみたら、ちょっとした社会調査法にも似た活動。

書いてもらった手書きの文字と顔を一緒に写真に撮って並べたら、とっても素敵な声と笑顔のコラージュの出来上がり。「買い物ぶくろを持ち歩く」「水を大切にする」「必要な物以外は買わない」「コンポストを始める」… 人によって宣言した取り組みはさまざまだけど、エコレンジャーと話した人たちはきっとこの約束を生活の中で守ってくれるはず。そしてその他の人も、集められた写真を見て、「おーこんなに多くの人が暮らし方を見直して行動してるんだ!」「よし、自分もやろう!」と思うはず。これを見てるだけで、アイデアが沸き、やる気がグングンとみなぎってくるのは私だけ?とにかく一人一人に考えるモーメントを持ってもらえたことが何よりの収穫でした。

当日は、家庭の電気も簡単にグリーン電力に切り替え可能な活動を推進しているCo2フリープロジェクトの石橋夫婦、そしてステッカー地雷除去キャンペーンのメンバーと一緒にブースを出し、立ちっぱなし&しゃべりっぱなしで疲れたけれど、充実した一日でしたとさ。

話しかけ方や質問の仕方などの改善点も見えたので、次回はパワーアップしてエコレンジャー、またどこかに出没しますよ!一人でも多くの人と、地球を大切にする生き方を目指して〜!!

nagisa060418_1.jpgnagisa060418_2.jpg