ハンガリーでは本屋さんもフェアトレード

budapest09.jpg budapest10.jpg

今日も快晴のブダペスト!カタのオフィスを抜け出して、街の散策に出かけました。今日のお目当ては、フェアトレード商品。ありました、ありました。まずはチョコレート。ドイツのgepaの商品が多いようです。板チョコは一枚、400円ぐらい。やっぱりちょっと高いかな。でも、やっぱりお味は保証付きです。美味しい〜。お、さすがチョコレボでは、既にチェック済みですね。来年のバレンタインデー・シーズンには、日本でも至るところで見かけるようになるでしょう?!

treebook01jpg treebook02.jpg

そして今日の一番の収穫は、Treehugger Dan’s Bookstore & Cafeに行けた事。ここはハンガリーに住み着いて既に16年になるアメリカ人の環境活動家、ダンさんが今日オープンした、中古本屋さん+フェアトレードコーヒーの喫茶店。まぁ、なんて素敵な取り合わせなの!狭い店内には4000冊の本がぎっしり。そして小さなカフェでは、オーガニック・フェアトレードコーヒーとスイーツが置かれていて、ここでゆっくりコーヒーを味わいながら読書できるだって。むー、ステキすぎる。

treebook03jpgでも、ハンガリーでもフェアトレード商品はまだそんなに出回っていません。日本と同じで、まだまだこれからという感じ。ダンさんは、フェアトレード商品を販売する許可を得るのに、数ヶ月も書類申請をしなくてはいけなかったり、とーっても大変だったとか。飲み物と食品で、基準がまた違って面倒くさいのだとか。日本でも同じなのかしら?あ、フェアトレードって何?という方、こちらのラジオ番組もチェックしてみて下さいね。

treebook04.jpgばっちり取材もしたぞー。こういうクリエイティブな取り組みに遭遇すると、もうワクワク。ブダペストに行かれた方、是非、ダンさんのお店、チェックしてみて下さいね。