黒い森へ、プチ旅行!

ずっと泊まっていた市内のBlack Forest Hostelに荷物を置いて、Freiburgを取り囲むようにして広がっている「黒い森」へ今日から1〜2泊のプチ旅行! といっても市内から電車で一時間以内で行ける近場です。

この森は植林されたもみの木でできていて、全体の色が黒いので、「黒い森」(Black Forest)と呼ばれていて、フライブルクの人は週末になるとしょっちゅうここを訪れる、という人気エリア。ドイツ人がエコロジーに関心が高いのは、「森好き」「公園好き」ということとも関係しているようです。特に、「黒い森」は酸性雨の影響で枯死状態になってしまったこともあり、そこからフライブルクの環境意識が高まった、というふうにも言われています。

「おとぎ話に出てくるよう!」と言われる「黒い森」。私たちが目指すのは、Titiseeという観光地とその先にある湖ですが、さーて、どんなところなんでしょうか?ではでは行ってきまーす!