イギリス発のエコ・ファッション店舗

エコ・ファッション関連記事、三連発の最終回は、イギリス発のエコ・ファッションの店舗紹介です。他にも色々とあると思いますが、今回リサーチして、おっ!と思ったものだけ挙げてみました。他にもお気に入りのエコ・ファッションショップ、是非教えて下さいね。

>>靴屋で一押しは、Terra Plana。ジーンズやコーヒーが入っていた袋などなどのリサイクル素材を使う、丈夫で長持ちする靴を作る、修理可能な靴を作る、軽さや履き心地を重視する、などのこだわりのポリシーがいっぱい。何でも「世界一、先端的でサステイナブルな靴屋を目指している」んですって!もちろんデザインも可愛いです。名前も良し!

>>Keep and Shareは、ニットウェアを提供するブランド。ここのコンセプトは、とにかく「長く着れるものを作る」こと。そのため、セーターを特注で製作できたり、一度生活の中で試着してみて気に入らなかったら返品することを勧めていたりと、このブランドならではのサービスが充実しています。クラフトマンシップが、ウェブサイトからもにじみ出ていて好印象です。こういブランドが提供する洋服やコンセプトはエコ・ファッショの中でも、「長持ちファッション」(“long life fashion”)と呼ばれているようです。男性のスーツをリサイクルしているブランド、ジャンキー・スタイリングもそうですよね。「洋服は季節ごとに変えるのではなく、一生モノ」という発想を、ブランド側からお客さんに伝えて行く必要がありそう。

EBA-800-802_mp.jpg>>ブライトンにベースを構えるブランドenamoreは、オーガニックコットン、ヘンプ、竹など、あらゆるオーガニック素材を使用した洋服のブランド。特にヘンプとシルクを使った最近の下着コレクションは、ヒッピーヘンプのイメージを脱したということで、注目されています。

そしてドキッとする統計も。「ファッションにまつわる環境負荷の80%は、購入後に発生している」ーつまり、どんな素材でどんな行程で作られるかというよりも、洗濯、乾燥機を使っての乾燥、アイロンなどによる負荷が高いということ。ブランドは、コンシャスに洋服を作ることに気を配るだけでなく、その後のお手入れ方法についても、購入してくれる人にきちっとコミュニケートすることが大切だと感じます。

そしてまだまだ、色々なブランドを知りたい!という方、こちらのサイトに良くまとまっているので、ご参考に。どのブランドもかっこいい!そしてインスピレーションがいっぱいです。

関連エントリー:
>>2006年エコファッション元年@Europe
>>オーガニックコットンの先を行け!