沖縄高江村で新たなヘリパッド建設の動き

先月のBeGood Cafeで知り合った、玉野友理ちゃん。色が黒くて、まん丸の透き通った瞳をしていて、一生懸命に「沖縄の高江(たかえ)という、自然がいっぱいあって素晴らしいところに、新たに米軍のヘリパッド(ヘリ着陸帯)が建設されてしまうかもしれないんです。皆さん、まずは関心を持って下さい」と訴えていた。先日、友理ちゃんから手書きのお手紙と、”VOICE OF TAKAE”というリーフレットが届いたので、皆さんにもご紹介します。

私は今、縁あって高江の森の中にあるカフェ山がめという所に住み込みでお手伝いしております。川のせせらぎ、小鳥のさえずりが響き渡る緑豊かな素晴らしい所です。ここ高江は、心身豊かな生活を営む人々が移り住み、沖縄の田舎ではめずらしく子供たちも年々増えています。これからももっとエコロジカルな人々が集うエネルギーに満ちた所です。なのに、人口140名の小さな集落を取り囲むように米軍のヘリパッド基地が新たに6カ所も建設される動きがあります。平和な暮らしを守ろうと今、自分たちなりに頑張っております。まずは一人でも多くの方に高江区のヘリパッド問題を知って頂きたいです。ご協力お願い致します。

私も訪れた事のある、沖縄本島北部のやんばるの森。GreenPeace代表の星川淳さんも今年5月に視察されているようです。ユニークで不思議な動植物が太古の昔から生きているやんばる。この自然を守り、戦争をなくしていくのは私たちの世代の使命。友理ちゃんの思いが、届きますように。(NHK教育テレビで毎週木曜日に放送されている「NHK地球データマップ」という番組の「平和の地図」の原稿を書きました)

参考サイト
>>「高江発ヤンバルの自然を守りたい!」ブログ(あまり更新されていないようですが)
>>”VOICE OF TAKAE”リーフレットは、こちらこちら。手書きの素朴なリーフレットから、地元の方々の想いがにじみ出ています。
>>高江村やカフェ「山がめ」の素敵な写真はこちらのブログで見れます。カフェ「山がめ」はとっても素敵な所のようです。今度、沖縄に行った際には、是非行ってみたいところ。