EXXON MOBILEが環境議論を混乱させる目的で...?

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。天藍(てら)のおっぱいとおむつの繰り返しの生活に慣れている間に、すっかり年も越してしまいました。今年の抱負もじっくり、ゆっくり考えてようと思っていますが….そうこうしているうちに春になってしまいそう(笑)。まぁ今年は子育てにじっくりはまりたいので、そういうスローなペースもいいかと。しかしやっぱり、欲張りママさんはやりたいことが一杯です。今年も更にいろいろな方とつながり、自然と調和した暮らしが出来ますように。世界の持続可能な平和のために、私の心と体が使われますように。皆さんにとってスマイルがいっぱいの素敵な一年となりますように!

さて新年のブログの書き出しには、あまりにも愕然としてしまうダークなニュース…. 森林ファンドという面白い投資ファンドを販売しているサステナブル・インベスターという会社のメルマガより抜粋です。

Forbes他、各国のメディアが一斉に、ExxonMobileが、地球温暖化について社会をミスリードするために、多額の資金を過去数年に渡り投じていた、と報道した。

APによると、ExxonMobileは温室効果ガスによる地球温暖化研究の科学者を混乱させる目的で、98年から05年の間に43のイデオロジカルな団体に対し16百万ドル(約20億円)を渡した模様。

ExxonMobile側は、活発な議論を通じて正しい結論を導く為、というトーンの回答の模様だが、各紙は一斉に「ExxonMobile Paid to Mislead Public」と攻撃している。

年明け早々、地球温暖化についてこのようなスキャンダラスなNEWSが大々的に取り上げられる事が珍しい。日経新聞でも正月早々の経済教室の話題に環境問題が入るなど、いよいよ環境問題の話題が、メディアの中でもホットトピックスに格上げされてきた。

今年は、その意味で注目の年になりそうだ。

(参考リンク:Forbesの記事

社会の混沌とした状況に目を向けながら、清く美しいものをイメージして、今年も精進してまいります。