地球白書2007「都市の将来」

みなさんは将来、どこに住みたいとお考えですか?私の場合、子育てが始まったこともあって、できるだけ自然が身近にある環境のいい場所で暮らしたいと思っています。… しかし、世界のほとんどの人はそんな贅沢は言っていられないようです。2008年には、世界65億人のうち、実に半数の人々が、都市部で生活すると予測されています。中国やアフリカなどの途上国では、農村部では経済的に生活していくことができず、都市部へ出稼ぎに行くケースが多いですが、その流れが更に今後加速する勢いです。

2007.jpgアメリカのワールドウォッチ研究所が毎年出版している「地球白書」は、研究所のリサーチ結果や様々なデータを駆使し、地球上でおきている自然・社会現象を浮き彫りにするクオリティーの高い報告書ですが、今年のテーマはずばり「都市の未来」。都市への一極集中という私たちの暮らしぶりが、地球規模の環境にどのような影響を及ぼしているのか、また都市で始まっている持続可能で健康な暮らし方のアイデアについて網羅されているようです。ウェブ上からチャプターごとのダウンロード購入も出来るようです。しばらくしたら、日本語の翻訳本も出る事でしょう。要チェックの一冊です。