TEAM GOGO!からのメッセージ

お友達で構成作家のテトラさんのブログで紹介されていた、みなさんにゼヒ読んで頂きたい文章をご紹介します。「みんなでちょっと動けば変わる」を合い言葉に、夏至の日(6月22日)にエコな内容の号外新聞を4900万部配ってしまおうという、なんとも無謀な計画をたてているTEAM GOGO!に掲載される予定の内容より抜粋です。なんてクレイジーで、愛があって、楽しい企画なんでしょう!

————-

〜 すべてのこどもたちへ 〜 (ページ1) 

おばあちゃん、おじいちゃん
おかあさん、おとうさん
おねえちゃん、おにいちゃんは
きみたちに「希望の未来」を届けるためにがんばるからね。
いっしょにがんばろうね。
みんなで「ちきゅうおんだんか」を止めようね。

世界中の多くの科学者たちが集まって、
これから地球はどうなるのかを研究して、
胸が苦しくなるような未来の予想を発表したんだ。

それはね、このまま人間が今と同じ生活を続けると、
百年後には、最大で地球の温度が6.4度も上がるって。

でも、もしも、今、みんなが気づいて、
「なんとかしよう!」って動いたならば、
1〜2度上がるところで止めれるだろうって。

みんなだって、風邪などで熱が2度も3度も上がったら、
体がだるくなってしまうだろう。地球だって同じなんだ。

今まで、この科学者たち(IPCC報告)が予測してきたように
世界各地で異常気象が起きているんだ。
だから、この科学者たちの予想を
しっかり受け止める必要はある。

地球の温度があがるとどうなるかを調べた結果もあるんだ。

イギリス政府の依頼で作られた「スターン報告書」によると、

気温が2度上がると、
15〜40%の生物種が絶滅してしまうかもしれないって。

3度上がると、
アマゾンの森の一部または全部がなくなってしまう。
世界で10億人以上の人が水不足に苦しむことになるって。

4度上がると、
地球全体の食料生産が打撃を受けて、飢餓で苦しむ人が増え、
毎年数千万人から数億人もの人たちが洪水の危険にさらされ、
ロンドン、ニューヨーク、東京など、海岸沿いの大都市が海面上昇で影響を受け
るって。

また、イギリスの「インデペンデント」という新聞が、
さらに悪循環という大変なことが重なってしまったら
こうなるだろうという予想もしたんだ。

気温が5.4度も上がったら、海面が5m上がってしまう。
もし、その気温が長く続いたら、地球から氷がなくなって、
海面は70メートル高くなり、世界の食料はつきてしまう。

もしも、6.4度も上がったら、
地球上のほとんどの生き物が絶滅してしまう、って。

でも、みんなに伝えたいことがある。
この未来を運命として受け入れる必要はないってこと
あきらめる必要もないってこと。

なぜって?
それは未来は決まっていないから
未来は今、創れるし、
未来は今、選べる。
未来は今、生きている僕達が決められるから。

大きな問題は一部の人だけでは解決できない。
みんなの力を合わさないと解決できない。
だから、まず、みんなに地球温暖化のことを伝えたいと思った。
そして、どうしたら温暖化が止まるかを伝えたいと思った。

そんな思いから、この新聞「豪快な号外」を
日本に3000万部配ろうと思ったんだ。

最後までしっかり読んでね。
そして、ぜひ、自分が出来ることを見つけて動いてみてね。

さぁ大人も子供も植物も、みんなみんな力をあわせ、

笑い楽しみながら地球温暖化を止めましょう。

[注]
※【IPCC】・・・気候変動に関する政府間パネル
※【スターン報告書】・・・イギリス政府の要請で元世界銀行主席エコノミス
ト、ニコラス・スターン氏が気候変動とそれに伴い予測されるコストについて、
2006年10月に発表したもの。イギリス政府は、この報告書を元に、G8の議題に地
球温暖化を入れると発表した