興味のあるニュースをRSSで手軽に入手

久しぶりにネット環境で作業が出来ているので、遅ればせながら「RSS」についてちょっとチェックしてみました。RSSはニュースやサイトの要約を配布するための特別のフォーマット(XMLフォーマット)で、RSSファイルを提供している数多くあるニュースサイトやブログサイトから、興味のあるニュースを自動的に抜き出し、自分のコンピュータのデスクトップ上に表示してくれる優れもの。専用ソフト(RSS Reader)ー無料のものもありますーをインストールしておけば、自動で巡回して取り込んでくれるので、手間をかけずに、毎日自分のニュースクリップが作れるというわけです。

RSSについてはこちらなどを参考に:
RSSとは GlueSoftware社
ウェブログを進化させるRSSとは

興味があるのは、やはり自分もブログを曲がりなりにも書いているジャーナリスト?の端くれとして、「RSSは手軽な「Aggregation(集約)」として利用者側から注目されてきたが、これからは「Syndication(記事の配給)」と呼ばれる方面で、コンテンツ提供側を中心に利用が進むと考えられている。」というところでしょうか。

さて、RSS Readerはいろいろあるようですが、NetNewsWire(マック版)のシェアウェア・バージョン(NetNewsWire LiteーNetNewsWireのページの下の方にひっそりとリンクがあります)をインストールしてみました。
そして早速、エコロジストPlanet SaveBBCなどのサイトを登録。あとは
moreoverなどのRSSNewsfeedsに掲載されている膨大なニュース記事より、日本のニュースやメディア関連のニュースなどをピックアップして追加。すると、どうでしょう。簡単にニュース記事がクリッピング!ちょっと文字化けおこしたりしてるけど、これは使えそう。NetNewsWire Liteは、シェアウェアなので、Weblogへのパブリッシングが出来ないのは残念だけれど、当分の間、これ使ってみたいと思います。