ゆく2007年、来る2008年

terra2007.jpg  

毎年恒例になりつつあるキムチと黒豆、それに味噌作りを終わらせ、お正月を迎えに川崎の実家へ来ています。両親のお節づくりや大掃除を手伝いながら、穏やかな年の瀬を迎えています。テラはほんの少し歩けるようになったがの嬉しくて仕方ないようで、何度も猛特訓中で、家族のみんなに笑いを提供してくれています。

今年を振り返ると、テラが無事、健やかにのびやかに育ち、子育てが順調にスタートできたのが、個人的には何よりの喜びでした。鎌倉の落ち着いたバイブレーション、パートナーのイエロー氏の協力、それから近所の自然保育で有名な保育園のおかげです。仕事では、グリーンTVジャパンの立ち上げや番組制作に関わったり、本の翻訳や執筆にも協力させて頂いたり(これは年明けにご報告できると思います)、多彩なイベントでの司会業が本格化したり、念願のイベント(xChange)が開催できたり…..と、活動の幅がグンッと広がり、持続可能な社会に向けた取り組みをいくつもすることができました。自分なりに心地よいライフワークバランスが獲得でき、子供を育てながらの充実した人生の第一歩を踏み出すことができました。

社会に目を向けると、今年は地球温暖化に対しての意識が深まり、一人一人がより自覚的に生活しようという意気込みが確実に広がった一年だったのではないでしょうか?(専門家が選ぶ今年のニュースは、グリーンTVのサイトにて) 来年はこの気づきをどうやってアクションに結び付けていけるのか、が課題になるでしょう。

2008年の目標:子育てや、衣食住の基本的なことを生活の中心にそえながらも(今年、あまりできなかった畑をもっと徹底してやりたい!)、仕事もますます充実させる。環境問題だけではなく、より広く「持続可能性」にまつわる問題(貧困や飢餓、メディア・リテラシーなど)を視野に入れた活動をする。本の出版やドキュメンタリー制作も実現化したい。エシカル・ファッションの動きを日本でも広めたい・・・・・・・と書き始めたら、ついつい長いリストになってしまって、どうしても欲張りすぎる私ですが、一つ一つの活動を丁寧に心をこめてのぞんでいきたいと思う次第です。食料や寝床に困っている人や自分らしく生きる機会を奪われてしまっている人がいない、自然と人間が共生した世界を目指して。皆さんもイマジネーションを膨らませ、新年からそろそろ本気でやりましょう!

というわけで、今年お世話になった皆さま、本当にどうもありがとうございました。来年もますます精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。皆さまとご家族と世界の全ての人たちにとって健やかな愛にあふれた一年となりますように。 

おまけ:今年見たおすすめ映画は社会派では、ナイロビの蜂、ブラッド・ダイアモンド、エンロン。ヒューマニズム系ではミス・リトル・サンシャイン、エターナル・サンシャイン、スパニッシュ・アパートメント、ロシアン・ゲーム。お正月休みに是非、どうぞ〜。