Wikipedia、ボランティア百科事典

ウェブ上の百科事典、Wikipedia(ウィキペディア)知ってますか? インターネット上でみんなで自由に編集して作って行く百科事典です。実際の例をお見せしましょう。まずここを見て下さい。シク教の教祖、グル・ナナクについてのページですが、ここの「11月26日が誕生日で、各地でお祭りが行なわれる。」は私が先ほど、付け加えた部分です。こういった具合に、Wikipediaは、自分が付け加えたい単語や内容があれば、どんどんその単語を充実させて行く事が出来るわけです。もちろん辞書代わりにも使えます。基本方針に賛同し、アカウントを作れば、誰でもすぐに編集に参加することが出来ます。そうやってみんなが参加して知識を共有して蓄積していくことができる優れもののツールです。もちろん適当なことを書いてはいけないし、きちっとしたルールがあるのは当然!

Wikipediaは、国際的な非営利団体ウィキメディア財団(Wikimedia Foundation )のプロジェクトの一つです。2001年1月に始まり、現在では140カ国語で展開されています。単語数が多いのは、英語、ドイツ、日本語の順で、日々どんどん単語が増え、内容も増えて行っているわけです。

Wikipediaに関しては、「結局は素人の集まりなわけで、 百科事典としての価値があるのかちょっと疑問」とか「辞書編簒のプロじゃないから網羅性に欠ける」という批判もあります。でも中立性に欠けると批判されている単語は200語(2004年2月時点)しかないと言われているし、そんな批判もどこ吹く風で、毎日確実に利用者や単語数は増え、内容も充実していっているわけです。ウィキペディア、使ってみよう!