ファッションの秋は"xChange"

10月末といっても信じられないぐらいポカポカ陽気で、これも異常気象か…と思うと素直に喜べないのですが、仕事も一段落して、しっかりと鎌倉で日光浴しています。先週まで、ヨガジャヤのヨガ先生養成コースにて「環境倫理学」(Sustainable Ethics)のレクチャーをさせてもらったのですが、生徒さんたちから良い反応を頂いて有意義な経験をさせてもらいました。教えるって、本当に自分を見つめ直す良い機会につながりますよね。
xchange01.jpg
xchange02.jpg
さて秋と言えば、ファッション!アート!ということで、洋服の交換会”xChange”(エクスチェンジ)が盛り上がっています。10月の最初の週末には「ダンス・メディテーション(Dance Meditation)」というイベントに参加させてもらいました。「安心した環境の中で音に集中して体を動かすことで、自己を開放して癒し、宇宙規模のエネルギーとつながる…」ということを目的としたこのイベント。(私自身、久しぶりにガンガンに音に身を任せて踊り、「土/大地」「手放す」というメッセージを得ました。ダンスは瞑想の境地!)コンシャスな暮らし方に対するビジョンが主催者の方たちとぴったり合致して誘ってもらったのですが、さすが集まった方達も素敵な方ばかりで、気持ちよい空気感が漂っていました。

今回、xChangeオリジナルの旗がお披露目!ACHAが全て端切れで心を込めて作ってくれた作品。これでxChangeにもグッとまとまりが出てきた感じ。嬉しいなぁ〜。
xchange04.jpg
端切れを巻き付けて作った手作りハンガーもお目見え。
xchange05.jpgxchange06.jpg
作ってくれたのは、北鎌倉のすみれちゃんで、アメリカのRaw Spirit Festivalから帰国したばかり。生菜食の健康食として注目されているローフードのランチ・プレートを提供してくれました。Yummy! 端切れを利用した服作りを手がけているnebulavoのラグマットも大人気。(障害者の方が作っているそうです)
xchange07.jpgxchange08.jpg
xchange11.jpg
今回のリメイク・コーナーは、コンシャス・レザーのブランドInarioを手がけるKayoが担当してくれました。ジーンズにスタッツを打ち込んだり、ベストに端切れの皮を付けて一点ものを創作したり。男性が一生懸命創作していたのが、頬笑まし光景でした。これからは服が作れる男性がかっこいいかも?!
xchange09.jpg
それぞれが持つ未来へのビジョンを重ね合わせ、関わってくれた友人たちのクリエイティビティーを結集させて、素敵な空間制作に関わることができて本当に嬉しく思っています。Dance Meditation Teamありがとう&お疲れさま。

bowls01.jpgbowls02.jpg
そして先週の金曜日は、面白法人カヤックが運営する鎌倉どんぶりカフェBowlsでの開催。社長が大学時代の友人だという縁で、少し前に「地域での物々交換サイト」を提案しにいったら、xChangeをとても気に入ってくれて、今回開催の運びとなりました。告知文の制作から、オーガナイズまで全てしっかりとやって下さった頼もしいチームです。
bowls03.jpg
特にオリジナルの「エピソード・タグ」を作られたのには、感激です!50人ぐらいの参加があって、とてもたくさんのお洒落な服が集まったのですが、かなりみなさん持って帰られて満足した様子。今回のxChangeは、異業種交流会の余興的なイベントとして行なったためIT系やメディア系など、普段エコとさほど接点のない方々も多くいたのですが、「循環型社会への面白いアイデア」として皆さんにメッセージが届いたとしたら、本当に嬉しいです。

bowls04.jpgxChangeは、「手軽にできるお洒落なエコロジーの取り組み」ということで、取材も増えてきています。その度に言っているのは「友達が2人以上集まれば出来る企画なので、是非みなさんもやって見て下さい!」ということ。その際に気をつけることは、「お洒落な空間にする(鏡、マネキン、オーガニックフードなどをアレンジして)、エピソードタグを使う(モノを大切にする仕組みをつくる)、リメイク・コーナーを併設する」ーそれぐらいです。英語ですが、
フリーペーパーメトロポリスの記事はこちら
。とても簡単で楽しいので、仲良しの友達を集めて、また職場や学校のクラスで是非やってみて下さいね。”xChange”は12月11-13日開催のエコプロでも開催予定です。お楽しみに〜!