六ヶ所稼働中止を求めるサーファーたち

リニューアルが待ち通しいgreenzのメンバーであり、サーファーでもある広美ちゃんが教えてくれた情報です。

このまま行ってしまうと来年には稼働が始まる六ヶ所村の核燃料再処理施設。そうなれば海や空に大量の放射能が放出され、周囲に深刻な被害が発生するのは明らかです。それをなんとか食い止めようとプロサーファーが結集して「Wavement」という活動が始まりました。

“Wavement”は、核燃料再処理工場に疑問を抱き活動を続ける他団体の活動とも協力体制を取りながら、一人の人間として、サーファーとして未来の子供達に安全に遊んでもらえる『海』を残していけるような環境を守るという理念と共に活動している、サーファーやアーティストなどが集まった団体です。

サーフライダーズ・ファンデーションのサイトでは署名活動も始まっています。私たちは、一体いつまでこんな間違ったことを続けるんだろう。便利だからといって、なぜそこまで自然をないがしろにしてしまうんだろう。人間の冒涜を、傲慢を、すぐにやめなければならない。自然はゆっくり確実に今、死んでいる。いつも海を感じているサーファーがそれを1番分かっているはず。美しい海を残すためにも、是非みなさん協力しましょう。「忙しいから」で片付けずに、本当に少しの手間を皆がかけられるかどうかにかかっているのです。私たちは自然と運命を分かち合っています。お!フジロックで出会った直也くんも参加しているぞ!六ヶ所に行って見て来たんだね。

sea0920.jpg

写真は今日の鎌倉の海。空も海もまろやかでした。波もまぁまぁあって、サーファーたちが気持ち良さそうに浮かんでいました。夕暮れ時、娘と一緒にしばし地球とコンタクト。

ちなみに原子力発電に関しては、shing02の「僕と核」が分かりやすかったです。