Social Film Collective Launch Party

今日も秋晴れの最高の気候。やるべき仕事は明日に回し、葉山の森戸海岸へGO!ひんやりまろやかな海に飛び込み沖に進めば、そこはもう完全な別世界。眼下にうごめく小魚の大群。様々な形をして気持ち良さそうに漂う海藻。水しぶきを上げて飛びはねる魚たち。地球の70%は海なんだっけ。でも海のこと、海に住む生き物たちのこと、あんまり知らないなぁ。波に流され、海水を飲み込み、海の怖さも体験。海面はフラットに見えるけれど、海中はめくるめくファンタジー•ワールド。くらげに刺された足の痛みも、海をこよなく愛するものの勲章です。

いつだって一番ビビットに記憶や感覚に訴えかけるのは、自分で足を運び、自分の五感を開ききって体験したこと。10年前にルーマニアで見た皆既日食。今日の海に降り注いでいた柔らかい秋の太陽の光や、頬を撫でた風。今、思い返してもすぐに感覚はワープできるし、そういう体験が私の全てを突き動かす原動力になっている。

そして実体験の次に絶大な刺激を受けるのが、私の場合は「映像」だ。特に最近は、様々な社会•環境問題を題材として扱った社会派映像作品(ソーシャル•フィルム)に関心がある。感情に訴えかけるパンチのあるイメージで、時として難しいテーマを効果的に伝え、見る人をエモーショナルにしたり、学びを深めてくれたりする。制作者としては、グリーンTVジャパンに関わったり、現代の消費病をテーマに扱ったドキュメンタリー作品の制作も始めた。視聴者としては、動画配信サイトでマスメディアで取り上げられないような作品を見るのが趣味になっている。一例をご紹介すると:

>>Zeitgeist ….ドイツ語で、「時代の精神」というドキュメンタリー映画。洗脳から目覚めて新しい時代の革命をおこしていこう!と呼びかけるアーティスティックな作品。Part 1 キリスト教という神話、Part 2 911の欺瞞、Part 3 国際金融資本の策謀の三本立て。

>>bigpicture.tv…ロンドン発、ビッグピクチャーTV。思想家、哲学者、科学者、宗教学者、教育者など、世界中の先駆者たちのインタビュー集。学術、エンターテイメント、デザインなどの分野で活躍する第一人者のスピーチが聞けるTEDと似ているが、TEDよりも庶民的で個人的には好き。

>>ATMO….スウェーデンの制作会社。骨太のドキュメンタリーを次々に発表。消費者として飼いならされた現代人を描いたSURPLUSは特に大のお気に入りです!

>>グリーンTV…英国発の環境映像配信グローバルメディア。地球温暖化を題材にしたPink Floydリミックス曲のPV、ゴミを拾って暮らす男性のドキュメンタリーMore for Lessなど、国内外のおすすめ映像作品がいっぱい。

こういった共有したいリンクや、制作者としての技術情報を交換し、刺激し合おうと、少し前にSocial Filmというメーリングリストを立ち上げた。参加者は周りにいる友達数名で、今回、立ち上げイベントまでやっちゃおうという運びになりました!

題してSocial Film Collective Launch Party。9月28日(月)午後8時より。場所はxChangeと同じく、代官山ATTIC。

前半は、ソーシャルフィルムの歴史に軽く触れた上で、世界をもっとグッとピースにかえる映像の上映会。ブログメンタリーを手がけるgigimaki「花と兵隊」を完成させた松林くん、「木の来た道」制作のyoukiやkiichiなどが参加。後半は、参加者全員で「これから日本初のこんなソーシャル•フィルムが見たい!」(仮)というテーマでディスカッションを予定しています。制作環境のグローバル化、制作資金の調達方法、ネット時代のコラボレーション•アウトプットの仕方の多様性、スピード感、権利関係、映像学校の教育、メディア•リテラシーなど、ソーシャル•フィルムを見る側、作る側の様々な課題やワクワクに触れる予定です。映像クリエーター、社会•環境問題に関心がある方、デザイナー、ソーシャル•フィルムを見てみたいという方など、どなたにも刺激的なイベントになるよう準備していますので、是非ともご参加下さい。

>>フライヤーはこちらからダウンロード。また事前予約制になっているので、お越しになられる方、ご一報頂ければ。メーリングリストに参加したい方も、ご連絡を!