サティシュが我が家にやってくる&講演会のお知らせ


最近の特大ニュースと言えば、それはサティシュ・クマールが我が家に泊まりにくること。サティシュは11月に来日されて全国各地で講演するのだけれど(京都精華大学などにて)、11月14日(土)に鎌倉と葉山でイベントを企画していて、その間、二日間我が家にステイすることになったのだ。サティシュが泊まりにくるなんて〜!今から家やら庭を綺麗にしてお迎えしなければぁぁぁ〜!!

サティシュ・クマールと言えば知る人ぞ知る世界的に名の知られたエコロジスト。東洋と西洋の両方に生き、世界を渡り歩いて来たサティシュならではの地球規模のオルタナティブな思想は多くの人たちに深い感銘を与え続けている。18歳の時にガンジーの非暴力と自立の教えに出会い、26歳で1万2000キロメートルを超える地球規模の平和巡礼を徒歩で行い、ソ連・英国・米国などで核兵器廃絶を訴えた。その後、日本でも東京から広島までの45日間の平和巡礼を行なっている。現在はイギリスに移り住み、エコロジーと平和を伝える「シューマッハ・カレッジ」を展開したり(シューマッハの「スモール・イズ・ビューティフル」の教えは、こちらもご覧下さい)、「リサージャンス」というアートとエコロジーとスピリチュアリティーが見事に融合した雑誌の編集長をつとめたり、73歳にして精力的な活動を展開されています。

私がサティシュを知ったのは、2005年1月。ロンドンでサティシュがオーガナイズした、“Futre of Food”というイベントでだった。冒頭、サティシュが「先日なくなった友人に捧げます」と言ってお経を唱えたのを良く覚えている。すごく神聖で場がピリリとする瞬間だった。このイベントではジェリー・マンダーとか、ヴァンダナ・シヴァとか(インタビューがこちらで見れます)、世界中で活躍するリーダー達とも出会い、大学院に在学中だった私にとっては、とてつもなく多くの学びがあったイベントだった。(大好きなサイトwww.bigpicture.tvを運営するマーカスと出会ったのも、そのイベントだったっけ。マーカスがサティシュにインタビューした時の映像もあります

その後、大学院のクラスにトークに来て下さりたっぷりとお話を伺うことができて、すっかりサティシュに魅了されてしまった。2007年に来日された時には、グリーンTVでインタビューさせて頂いたこともある。茶目っ気たっぷりなおじちゃま。


その時の映像はこちらからご覧頂けます。
グリーンTV「サティシュ talk1」
グリーンTV「サティシュ talk2」

「リサージャンス」もそれ以降、愛読の雑誌。詩があったり、グローバルなニュースやコラムがあったり、インテリジェンス(理性)と霊性が絶妙にバランスされたアーティスティックな雑誌だ。


ただいま東京&葉山&鎌倉の仲間たちと、11月14日に行なう鎌倉と葉山のイベントを企画中です。14日のお昼は、鎌倉・極楽寺のアナンさん宅にて、ごく内輪でお食事会&サティシュ歓迎会を行ないます。14日の夕方には、葉山にて120人ほどお招きしてサティシュのトークを行なう予定です。タイトルは「土と心と社会」。

みなさん!是非ともサティシュの愛溢れるメッセージを受け取りに、また湘南界隈の心ある仲間との至福の時を味わいにいらしてください。Yebisuののりお君や、タブラーひきのMayaなどの音楽や気功の舞い、そして特製お料理をご用意してお待ちしています。既に半分ほどのご予約頂いています。詳しくはこちらのサイトをご覧になって、是非早めにお申し込み下さいね。東京界隈の方は、11月18日のイベントもおすすめです。こちらも既に200人ほどご予約頂いているようですので、どうぞお早めに。


我が家で打ち合わせの時に、葉山のやこさんが「kokoさんらしいと思って〜」と作って来てくださったお花。肝心の打ち合わせ写真は撮り忘れたのだけれど、心ともにする仲間と鎌倉の地にサティシュを迎え入れられるなんて、ロンドン時代には考えられなかったことだ。サティシュ&みなさま、ありがとう!!!11月14日、ただただ楽しみです。