2018/9/15-17
心から生き方を整える 母親たちの瞑想ギャザリング

IMG_2054.jpg

6月に入りました。日本は清々しくいい季節でしょうね。こちらコスタリカは雨季に入り、スコールが降ったかと思えば、太陽が照りつけ、いかにもジャングルらしいエネルギー満ちる季節を迎えています。

11歳の娘と私の生活と言えば、馬を飼いだしたので、そのことでテンヤワンヤの楽しい日々。大きな動物の面倒を見るのは、子供が一人増えたようなもので大変なことも多いけれど、それ以上の喜びや学びを受け取っています。

 馬を連れて、友達とピクニックへいく娘。写真の真ん中の黒人の女の子キアは、 一年間の「世界の学びの旅 」を終えて、コスタリカに到着したばかり。「教育」や「子供の育つ環境」ということについて、とても柔軟に斬新に考えている親が、ここコスタリカのノサラにはとても多いのです。ホームスクーリングをしている仲間も、たくさんいます。

馬を連れて、友達とピクニックへいく娘。写真の真ん中の黒人の女の子キアは、一年間の「世界の学びの旅」を終えて、コスタリカに到着したばかり。「教育」や「子供の育つ環境」ということについて、とても柔軟に斬新に考えている親が、ここコスタリカのノサラにはとても多いのです。ホームスクーリングをしている仲間も、たくさんいます。

私たちのコスタリカ生活も、もうすぐ6年目を迎えて、やっと本当にここに根をおろしたという感じがしてますが、恒例になった夏の帰国も、毎年、楽しみです。今年も7月中旬から9月下旬まで2ヶ月半ほど帰国し、美味しいご飯をいただいたり(まず、これ 笑)、家族や友達たちと過ごしたり、様々な学びやつながりの場を設けたりすることを、心から楽しみしています。(ワークショップなどのご案内は、こちらに随時アップしていますので、ご確認を!)

その中でも、長野県安曇野にて2泊3日とわりとゆったり自然の中で集えるとっておきの場を、企画しました。題して、「心から生き方を整える 母親たちの瞑想ギャザリング」。詳細は、こちらのOM YOGAのサイトにまとめて頂いてますので、そちらを参照して頂くとして、このブログでは、私の思いについて書きますね。

 

母親だからこそ、心を整えよう

私は5年前からシングルマザーとして、11歳の娘と二人で暮らしていますが、その間、ものすごく大変なことから、ものすごく心が震えるほどの喜びまで感じてきました。子育て中の方は、もれなくそうだと思います。殺気だっちゃう時もあれば、愛しい我が子のためならどんなことでもできる、と思える時もある。全く余裕がない時もあれば、子供がいるからこそ自分が生きている意味があるとさえ、思えたりする。お母さんとして家事や育児を充実してやることが楽しい時もあれば、もっと仕事をバリバリしたい!母として学んだことを社会にもっと還元したい!と思ったりもする。「母親たるもの」という家族や社会からの期待(や押し付け)も理解できるし、もっと自由に自分を生きたい、生き続けよう、そのためのサポートが欲しい、とも願っている。

様々なカラフルな感情をナビゲートしながら、私たち母親は生きているわけだけど、これだけ多様で自由な時代、母親がもっとオープンに自由に集って語って支えあって静かに心を整える場所があったらいいなぁ、と思っていました。そのために、リーダーシップをとって何かやりたいな、と。

その時に出会ったのが、Kate Northrupというアメリカでは人気の二人のママの女性起業家。"ORIGIN"というオンライン・プログラムを立ち上げて、「起業家精神と母性をともにクリエイションしなおす場」を創っているケート。"ORIGIN"は、ビジョンの作り方や時間の管理の仕方など実用性のあることから、瞑想やセルフ・ケアのワークの方法から、女性として、一人の人間として、どんな心構えで私たちがこのカオスの時代をナビゲートしていくかという哲学的なことから、いろいろなことをシェアし高め合っていくコミュニティーなわけです。なるほどなー。私も日本のママたちとこういうコミュニティー創っていきたいなぁー、そしたらたくさんの心ある志高い母親が子育てから仕事まで、もっと輝いて、そしてひいては社会を輝かせていくんだろうな、と思っていたんです。

featured-course-img.jpg

そんな時、OM YOGAを率いる吉田香代子ちゃんから、「瞑想会を一緒にやらない?」とお声がけを頂いたんですね。かよこは、雰囲気はとてもおっとりしていてスローなのだけれど、芯が強くて、ヨガ・スタジオやリトリートも起動にのせている信頼できるシングルマザー仲間。そんなかよこと色々話している中で、形になってきたのが、今回のギャザリングです。

母親だからこそ、自分を大切にしよう
母親だからこそ、自分の時間をもとう
母親だからこそ、心を整えよう
母親だからこそ、ビジネスを語ろう
母親だからこそ、セックスも語ろう
母親だからこそ、新しいパートナーシップを築こう
母親だからこそ、自由に自分を生きよう
母親だからこそ、愛と平和を育てよう
母親だからこそ、正直に話そう
母親だからこそ、サポートを得よう
母親だからこそ、つながり合おう
母親だからこそ、生き方を整えよう
母親だからこそ、瞑想しよう

そんな思いを込めてお届けするのが、「母親たちの瞑想ギャザリング」です。

 一年ほど前の、私たちの娘たち。古着の交換会xChangeにて。二人とも場所は違えど、シュタイナーの学校に通学中。未来の教育の話も、したいですね。

一年ほど前の、私たちの娘たち。古着の交換会xChangeにて。二人とも場所は違えど、シュタイナーの学校に通学中。未来の教育の話も、したいですね。

 

瞑想で、自分を整える

かよこと私と、二人ともがとても大切にしている日常のプラクティスが「瞑想」です。わたしは朝おきてから30分間、静かに座るようにしています。一日が始まる、娘も起き出す前の、静かな神聖な時間。これがあることで、一日のペースが整い、イライラしたり焦ったりすることが少なくなり、穏やかな広い開放感のある心で生活できるようになっています。

一日は、「時間がどこに行っちゃったの?」というぐらい、特に母親にとっては、目まぐるしく過ぎていきますよね。子供のことで、自分の思うようにいかないことも、たくさんある。それに加えて仕事のことや、パートナーのことや、あらゆる人間関係、、、。「本当の自分を生きてるの?」と疑い、悲しくなる人もいるかもしれない。

これって、子供にとってもそうだけど、家庭にとって社会にとって国とって世界にとって!致命的なことだと思うんです。女性のやわらかくしなやかで優しいエネルギー、特に母親のすべてを抱擁し命を生み出し愛するエネルギー、これこそ今、世界が必要としていること。だから私たち、女性が母親がちゃんと自分を整えることは、自分や子供たちにとってもそうだけれど、世界にとって必要なお役目だと思います。

だからこそ、瞑想です。難しく考えることはないんです。本当にとても簡単なこと。基本的な瞑想法を習えば、時としてカオティックな一日を、この時代を、大切なことを思い出して、より美しく、柔軟に生き抜いていくことができます。

こ2泊3日の瞑想ギャザリングでは、様々な角度から、瞑想を学び、実践していきます。一緒に生活をしながら、一人の母親として、女性として、社会起業家として、人間として、集った方たちと、「瞑想の方法」に限らず、「瞑想的な生き方の方法」をシェアしていきます。

 オンラインで学べる  「imakoko 瞑想ビギナーコース」  はこちら!ぜひ受講してみて下さい。瞑想の基本のキからマスターできて、瞑想が楽しく日課になりますよ。   

オンラインで学べる「imakoko 瞑想ビギナーコース」はこちら!ぜひ受講してみて下さい。瞑想の基本のキからマスターできて、瞑想が楽しく日課になりますよ。

 

 

NVC(非暴力コミュニケーション)で変わった私の子育て

 

私が受け持つワークショップのうち、一つは、「NVC(非暴力コミュニケーション)」というものです。これも瞑想の一つと、捉えています。言うならば、「話す瞑想、聴く瞑想」です。

NVCはオンライン講座もやっているし(次回は秋からスタート予定です)、日本帰国時にも単発のワークショップもやりますが、「本当にNVCがなかったら、私の子育ては終わっていたかも、、、決して子育てが楽しい!とは言えなかったかもしれない」と、思います。NVCによって、私の子育ては180度変わりました。大げさではなく、母として(もっと言えば、人間として)の「あり方」が変わったと言える。イライラしてしまうこと、きつく叱ってしまうこと、上から目線で(しつけとかこつけて)言いつけてしまうこと。まだまだあるけれど、でもこういうことがやっと理解できて、実践できている。それは

子育ては、「子供のニーズを尊重すること」
そして「聴くこと」

これに尽きる、という結論です。私の子育て理念は、ブログに書いたりもしているので、読んで頂けたらと思いますが、当日はこの大事な大事なプラクティスをシェアして、みんなで即実践にうつしていましょう。

 NVCを実践すると、子供に対してだけではなく、ほかの誰に対しても、ほかならぬ自分自身に対しても、もっと思いやりをもって正直に話せるようになり、自分自身の心と周りが平和になってくるのを感じます。平和はここから、私から。   

NVCを実践すると、子供に対してだけではなく、ほかの誰に対しても、ほかならぬ自分自身に対しても、もっと思いやりをもって正直に話せるようになり、自分自身の心と周りが平和になってくるのを感じます。平和はここから、私から。

 

息をしよう、まずはそこから。ブレスワークのワークショップ

瞑想ギャザリングでは、「ブレスワーク」と呼ばれるヒーリングのワークショップも受けていただけます。「呼吸に全意識をむけて、呼吸の波に乗って、奥深くに入っていく」そんな経験って、したことがあるでしょうか?呼吸だけで、潜在意識に到達することができ、啓示のようにものすごいメッセージを受け取ったりします。とにかく呼吸が浅く早く、呼吸によってエネルギー循環ができていない母親が多いのは、もったいない!

普段いろいろなことをジャグルして、忙しい母親だからこそ、この時だけは、自分をいつなんどきも活かしてくれている呼吸に意識をむけてみて下さい。自然の中で、新鮮な空気を吸い込むこと、ただそれだけで、自分の体の中から、忘れかけていた感覚がよみがえるような経験をされに来てください。

>>> 東京で行なうブレスワークのセッションは、こちら。ブレスワークって何?という方も、読んでみて下さいね。

 

教育、ビジネス、セックスなんでも座談会

夜には、みなさんの話したいこと、でも普段はあまり機会がないこと、正直になんでも出し合って、刺激しあってつながりあって、高め合っていける場所を創っていきます。

このギャザリング、母親のみなさんに来て欲しいけれど、あまりにも素晴らしいので(!)、お一人様や男性も歓迎します。でもこの夜の座談会だけは、女性限定で行ないたいと思っています。裏メニューで、男性同士で集ってもいいですね!我が家の離れて暮らすパパも、相当面白く、新しい子育てやパートナーシップの価値観を持っている人なので、そんな話も聴けるといいなぁー。

 娘が通うシュタイナー小学校の、担任の先生のピリ。30歳という若さながら、本当にしっかりしていて、情熱と愛にあふれている。教育哲学もそうだけれど、こういう先生に出会えたことは、最大のギフトです。ピリは、十日間のヴィッパーサナ瞑想も経験しているし、ブレスワークもやっている。精神レベルでも波長のあう先生で、気軽に夜ごはんも食べに来る仲間。ありがたや。

娘が通うシュタイナー小学校の、担任の先生のピリ。30歳という若さながら、本当にしっかりしていて、情熱と愛にあふれている。教育哲学もそうだけれど、こういう先生に出会えたことは、最大のギフトです。ピリは、十日間のヴィッパーサナ瞑想も経験しているし、ブレスワークもやっている。精神レベルでも波長のあう先生で、気軽に夜ごはんも食べに来る仲間。ありがたや。

 

母親だからこそ、リセットと学びの時間を!

ほかにも、かよこの瞑想講座やヨガ、そして生活の中で行なうマインドフルネスのプラクティスなど、たっぷりシェアしていきます。開催場所は、長野県安曇野の「シャロムヒュッテ」。ファンやリピーターも多い、玄米自然食の手作りペンションです。この上ない、セッティングです〜!

日々、疲れているお母さんは、とにかくほぐれにゆっくりしに、エネルギー・チャージしに、いらして下さい。悩みを抱えていたりモヤモヤしているお母さんは、心から話して共感をえて楽になりにいらして下さい。そして不安を払拭し、ビジョンを創造して、もっと軽やかに自分らしく生きて下さい。瞑想に興味のあるお母さんは、じっくり学びにいらして下さい。パートナーシップ、育児と仕事の両立、新しい教育や子供の学ぶ環境などのテーマに関心のあるお母さん、ほかにも子供や家族と初秋のバカンスを楽しみたいお母さん、エネルギーの高い美味しいものを食べて満たされたいお母さん。

心から生き方を整えたい、お母さんたち!自然に囲まれたエネルギーの高い場所で、集えるのを楽しみにしています。

お申し込みは、一括して、OMYOGAのページよりお願いします。

 子供たちも、みんな集合〜!子供たちだけで集まって、「子供マインドフルネス会議」なんかもできるといいなぁー。小さい子供は大きい子供にケアしてもらおう。

子供たちも、みんな集合〜!子供たちだけで集まって、「子供マインドフルネス会議」なんかもできるといいなぁー。小さい子供は大きい子供にケアしてもらおう。

ご参加、お待ちしています!